商品情報にスキップ
1 3

Shoesfit

ママインソール 産後

通常価格 ¥2,970
通常価格 セール価格 ¥2,970
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

【商品説明】

【産後の足や腰のトラブルをケアする、産後専用インソール】

歩くことは、産前はお産の準備のために、産後は子供の成長のために、とても重要なアクションです。
しかし、「歩きましょう」と言われても、産前産後のママは「足が痛い」「腰や膝が辛い」といった身体の悩みをリアルに抱えています。186人を対象にしたアンケート結果からも、90%以上のママが足・腰・膝に悩みを抱えていることが分かりました。
このように多くのママに共通して生じている悩みにも関わらず、産前産後における足・腰・膝の症状は“マイナートラブル”と判断され、社会的に重要視されていない現状があります。
足・腰・膝の悩みをやわらげ、街に出て外の空気に触れることは、産前の不安な気持ちや、産後の子どもと2人きりの関係に閉塞感を深めてしまう「ママの孤立」という社会的課題の解決にも繋がっていくのではないかと考えています。
そこで、「ママのお悩みの声」をもとに開発がスタート。産前産後に生じるお悩みに対して、それぞれ異なる形状のインソールを設計しました。
普通のインソールと違い、 ママインソールは他の誰のためでもない、ママオリジナルの形状設計。妊娠、出産、その後の育児を足もとからサポートします。(特許出願中)


【出産後のお悩みをケア】
「妊娠出産前よりも足が疲れやすくなった…」
◎ 歩行時の足の理想的な動きを研究し「屈曲誘導ライン」を設計。ロスの少ない歩行へ導くことで歩きやすさをアシストします。

「子どもを抱っこしたり、追いかけたりすると足腰が痛い…」
◎ 産後急激に増える運動量に対応すべく、産前と異なる固さに設計。
◎ 地面からの衝撃を吸収するクッションパッドを採用。腰や膝にジーンと響く、歩行時の衝撃から身体を守ります。

「妊娠出産前よりも足のトラブルが増えた…」
◎ 産前に緩んだ身体の骨格は、産後ゆっくり元の状態に戻ろうとします。この時期を利用し足の骨格をケアするための「3つのアーチパッド」を設計。フットリフォームを行いましょう!

 

【ご使用いただける靴】

スニーカー/カジュアルシューズ



【注意事項】
■必要に応じてハサミ等で大きさを調節してください。
■靴の中敷の上に敷いてお使いください。なお、ご使用の靴に着脱可能なカップインソール等が入っている場合は、取り外してからお使いください。
■本品が汚れた場合は、表面を湿らせた布等でふき取ってください。水洗いはおやめください。
■万一、足や身体に異常を感じた場合は、ご使用をおやめください。
■本品は治療用ではありません。血行障害・糖尿病の方、足裏に傷・湿疹・はれもの等のある方は医師に相談の上ご使用ください。
※本品を装着した場合の効果には個人差があります。商品特徴も、すべての方に対する効果を保証するものではありません。


【素材】
ポリエステル / ウレタンフォーム


【カラー】

ブルーグリーン

 

おすすめコラム

ママの足腰トラブルの話 原因編

ママの足腰トラブルの話 対策編

 

メディア紹介

2022年2月24日 ジャパンエフエムネットワーク 「OH!HAPPY MORNING」

2022年3月8日 音声プラットフォームVoicy 「MAMA's」

2022年4月18日 Tokyo FM「LINE WORKS Presents THE・お仕事ラッド」

 2022年7月4日 としまテレビ 「としまNEWS」

 

受賞履歴

【受賞・認定報告】「出産応援インソール 産前・産後」が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞しました

 

 ママインソールプロジェクトとは


「ママになると、辛いときにも “ママになったのだから仕方ない” って思うんです」

自ら妊娠出産を経験し、育児休業から戻ってきた弊社社員がぽろっと呟いた、この一言。

「妊娠・出産したのだから足腰の痛みは仕方がない」と知らず知らずのうちに「我慢」を強いている現状と、それでも歩こうとするママに対し、何かアクションはできないか。

自分たちが得意とするフットケア製品の「ものづくり」でママたちの悩みに応えることはできないだろうか。

そんなママたちの悩みを解決したい。ママインソールは、そんな思いから開発がスタートしました。

ママインソール mama insole 産後 子育て ケア お悩み 骨格 バランス 足 膝 腰

なぜインソール?


「ママになったのだから仕方がない」と蓋をした悩み。

足と靴のプロフェッショナルとして製品開発をしてきた私たち株式会社村井は、メーカーとしてこの現状にとことん向き合うべきだと思いました。

もともと、足と靴のプロとして「ママたちをサポートできないか」とママ向けのインソールを開発していました。

しかし現在も、産前産後における足・腰・膝の症状は重要視されていない状況が続いています。

インソールは靴に入れるだけで、その日からママのサポートが可能です。
そのため「お気に入りのスニーカー」にも入れて使用することができます。

ママになっても「自分らしく過ごす」「自分の好きを大切にする」。
そのような姿を応援できるツールがインソールだと考えました。