【足の症状シリーズ】足底筋膜炎の話

【足の症状シリーズ】足底筋膜炎の話


コラム「足の症状」シリーズ第3回目のテーマは「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」です。

聞き慣れない言葉ですよね?もしかしてものすごい大病なのでは…なんて思うかもしれません。
ですが、名前が知られていないだけでとっても身近な足トラブルなんです。
もしかしたら思い当たることがいくつかあるかもしれませんよ。
そんな「足底筋膜炎」について解説します。

  かかとがジンジン!足底筋膜炎とは

足底筋膜炎 かかと 足裏 痛い 炎症 かかと痛 原因
「かかとを地面につけると痛い!」「足裏がジンジンする…」
思い当たったあなたはもしかしたら「足底筋膜炎」かもしれません。

足底筋膜とは足の裏にある筋膜のことです。
この筋膜に炎症が起こり、痛みが出てしまうのが「足底筋膜炎」です。
「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」や「かかと痛(つう)」とも言われます。

立ち仕事をする方や扁平足(へんぺいそく)の方、激しいスポーツを行う方にも多いお悩みです。



 足底筋膜炎の原因って?

なぜ足裏に炎症が起きてしまうのでしょうか?
実はこの足底筋膜炎にも「アーチの崩れ」が関係しています。

足底筋膜とは、ゆび先からかかとまで繋がっている足裏にある筋膜のことです。

 

足底筋膜炎 かかと 足裏 痛い 炎症 かかと痛 足底腱膜炎 治し方

 

この図のように、人間の足はゆび先5点とかかと1点で引っ張り合いをしている状態だと言われています。

この時、足のアーチ、特に「土踏まずのアーチ(内側縦アーチ)」が低下してしまうと、足底筋膜は引き延ばされる状態になります。

引き延ばされた状態で、立ったり、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりと負荷がかかることにより、炎症が起きてしまいます。

特に1点で足底筋膜がくっついているかかと側には炎症が起きやすいと言われています。

綱引きを想像してみてください。ゆび先5点対かかと1点の引っ張り合いでは、かかとが負けてしまうのもうなずけますよね。

長時間立っていたり、スポーツをして足に疲れがたまると、土踏まずのアーチは低下します。
するとさらに足底筋膜のひっぱりが強くなってしまいます。
そのため、立ち仕事をする方やスポーツをする方にも足底筋膜炎の症状が出やすいのです。

 


  足底筋膜炎の対策って?

足底筋膜炎の対策として重要なのが、「炎症が起きている箇所に負荷をかけないこと」です。
炎症が起きている箇所に負荷がかかってしまうと、いつまでたっても治りません。
ですが、足裏に負荷をかけないで生活するというのはまず不可能です。

そこで有効なのが、「除圧(じょあつ)」すること。圧力が集中しないようにしましょう。

どのように除圧するのか、足底筋膜炎の起こりやすい、かかと中央部を例に見てみましょう。

 

足底筋膜炎 かかと 足裏 痛い 炎症 かかと痛 インソールプロ 足底腱膜炎 インソール おすすめ

 

 


かかとの中央部を除圧したい場合は、画像のように、インソールの中央部を凹ますことで除圧することができます。

除圧をして炎症がひどくならないようにしつつ、下がっている土踏まずのアーチを持ち上げ、足底筋膜の引っ張り合いを緩めてあげましょう。

このように、「除圧」と「アーチのケア」を同時に行うことが足底筋膜のケアには重要なことです。

自分も経験したことのあるような、身近な足トラブルにこんな難しい名前がついているなんて、少し驚いてしまいますよね。

足底筋膜炎は重症化すると歩くことも困難になる可能性のある足トラブルです。
「よくあること」と放置せずに早めのケアを心がけましょう。
インソールであればお手持ちの靴に入れるだけなので手軽にケアができますよ。

普段の生活にインソールを取り入れて、上手に足裏のケアを行いましょう。

 

(参考:シューフィッター養成講座 改定3版テキスト)
(参考:足と靴-その整形外科的処置法 初版)




  足底筋膜炎ケアにオススメのインソール

ロングセラー!「インソールプロ 足底筋膜炎対策」
「土踏まずのアーチ」を支えてくれる立体形状付インソールです。
普段履きのスニーカーや、カジュアルシューズでのご使用がおすすめです。
レディース https://shoesfit.com/products/4542133000572?_pos=2&_sid=942c4b8d6&_ss=r
メンズ https://shoesfit.com/products/4542133000930?_pos=1&_sid=942c4b8d6&_ss=r
キングサイズ https://shoesfit.com/products/4542133002320?_pos=5&_sid=942c4b8d6&_ss=r

ピンポイントでケアするならこれ!「クリアジェル かかとフィット」
かかとのみピンポイントで使えるので、サンダルやミュールなどの靴におすすめです。
かかと部が少し窪んだ形状になっているため、かかとの位置が安定しグラつきが緩和。かかとにかかるズシンとした衝撃を吸収します。
https://shoesfit.com/products/4542133101507?_pos=2&_sid=2be106344&_ss=r


除圧のみのケアが可能「Movi シリコンヒールクッション」
「土踏まずのアーチ」を支えてくれる立体形状付はありませんが、かかとの衝撃吸収と除圧のケアを行いたい方にオススメです。
https://shoesfit.com/products/4542133100357?_pos=16&_sid=2be106344&_ss=r

コラム「足の症状」シリーズ一覧

第1回「外反母趾の話」
第2回「扁平足の話」
第3回「足底筋膜炎の話」
第4回「モートン病の話」
第5回「中足骨頭部痛の話」
第6回「マタニティママの足腰トラブル 原因編」
第7回「マタニティママの足腰トラブル 対策編」